8議席から21議席へ!!日本共産党が大躍進!万歳!

14日投票の衆院選で、日本共産党は比例代表で606万票(11,3%)を得て、昨年の参院選(515万票)を上回りました。小選挙区でも沖縄1区の赤嶺候補が当選し、21議席へと大躍進しました。沖縄では、保守・革新を超えた共同の力で、4選挙区とも勝利し、自民候補が全員落選したことは、安倍政権への決定的打撃となりました。

京都では、比例得票数(19万)・率(18,6%)とも、昨年の参院選を上回って「第二党」を維持し、近畿ブロックの議席倍増への躍進の一翼を担いました。

4区では吉田幸一候補の当選には至らなかったものの、得票を大きく前進させました。躍進で得た衆議院の議案提案権も使い公約実現へ全力を挙げます。

3ヶ月後の一斉地方選挙でも大躍進へ。頑張ります